ワルリまつり オンライントークセッション「ワルリ族の村からの便り」

ツォモリリ文庫を運営するウォールアートプロジェクトが、2012年から関わりを持ち続けているインド西部に暮らす先住民族ワルリ族。社会から取り残されがちな先住民である彼らの村もコロナ禍で厳しい状況に陥っています。彼らにエールを送るために「ワルリまつり」を開催中です。
ワルリ画やワルリ画Tシャツ、ポストカードの収益の一部をプールして、コロナで親を亡くしたワルリ族の子どもの教育支援をします。
「ワルリまつり」期間中は、ワークショップも開催します。ワークショップの講師陣は、ウォールアートプロジェクトが関わりを持ち続けているワルリ族の皆さん。感染症予防について村人へ情報を伝えたり、自費でマスクを配るなど、自分たちにできることに取り組んでいます。講師へ参加人数に応じた謝礼を支払い、まずは彼らの暮らしをサポートしようと思います。

–オンライントークセッション「ワルリ族の村からの便り」–

今まさに雨季に入ろうとしているワルリ族の村。緑がぐんぐん成長し、雨で湿り気を増す田んぼが牛で耕されたり、川で魚をとるのが楽しい季節でもあります。村に暮らす青年たちとオンラインでつながるトークセッションです。2部構成になっています。
第1部は、ウォールアートプロジェクトに一緒に取り組んできたワルリ族の青年ハルシャッド・ワイェダ(Harshad Vayeda)さんにそんな村の様子を映像に収めてもらい、オンラインで案内してもらいます。
第2部では、the deepの作者で、同じくウォールアートプロジェクトの仲間であるトゥシャールさんとマユールさんが描いている新作のワルリ画を写真や映像で見せてもらい、コロナ禍を過ごす彼らが作品に込めているフィロソフィーやメッセージを聞きます。

▶︎講師:Harshad Vayeda、Tushar Vayeda、Mayur Vayeda
▶︎ファシリテーター:浜尾和徳
▶︎開催日:2021年6月20日(日) 
▶︎時間:13:30~15:00
▶︎参加費:2000円
▶︎会場:ツォモリリ文庫(東京都調布市仙川町1-25-4 シティハウス仙川1階)もしくはオンライン
▶︎会場参加ご予約方法:info@tsomoriribunko.comまで、参加をご希望される方のお名前、住所、Eメールアドレス、電話番号を明記の上、ご連絡ください。
▶︎オンライン参加申し込み
下記ページより、お申し込みください。
https://warlionlinetalksession0620.peatix.com/
*ツォモリリ文庫でのご参加の場合でもPeatixよりチケットをご購入いただいても構いません。
▶︎定員:ツォモリリ文庫店内 6名(店舗での参加は満員となりました) オンライン 15名

主催:NPO法人ウォールアートプロジェクト
協賛:貝印株式会社 有限会社ブルーベア ポーラスター株式会社