インドのイカット展

日本では着物に見られるイカット(かすり)の手法。インドのイカット紋様は、おおらかで大胆。綿100%だから決して改まりすぎることなく、ちょっと贅沢なワードローブ、おしゃれ着として親しまれています。
この複雑な紋様は、すべて手作業で糸を括り、染め、括り直し、染め、を繰り返し、手で織り上げるといった、膨大な時間と手間をかけて出来上がります。だから、微妙に染みて、世界に一つの文様になるのもイカットのおおらかさ。
布に適度なハリがあり、とても涼しいのが特徴で、この工房のものを何度もリピートしてくださるお客様もいらっしゃるほど。
伝統の職人技を駆使したハイデラバード発のハイブランド「TRANSLATE」、デザイナーRikkiが率いるスローで上質な服作りを実践する「KARDO」の服は、織り物をまとう愉しさを教えてくれます。
曇りがちな天気が続く日々を元気づけてくれる1着を見つけにいらしてください。

会期:2022年6月17日(金)〜7月25日(月)
営業時間:12:00〜18:00 (火・水・木 定休)
オンラインショップでもご覧いただけます:https://tsomoriri.thebase.in