【2019.12.13 fri-2020.01.20 mon】漆と終わらない模様展(ツツミエミコ・八木由紀子・他 )

インド、先住民ワルリ族は森の民。湿地で稲作をし、日没には虎の神に豊作を祈ります。

版画家ツツミエミコの麻の葉ワークショップ作品「終わらない模様」は、ワルリ族の村に始まり、東京、猪苗代、京都と続いてきました。人々をつなげながら増殖を続けるツツミ作品と、ワルリ族の村に滞在して「ワルリ画蒔絵」の着想を得た蒔絵師・八木由紀子による漆作品のコラボレーション展示です。日本の伝統とアジアのアニミズムの交叉に想いを馳せ、今あるこの暮らしを、この年迎えの時期に合わせて寿(ことほ)ぎます。

長野の木工作家・法嶋二郎や、木曽の漆作家・いちだめぐり、沖縄の木漆工とけし(1月〜)も加わり、各地の森を背景に、皆さまと新たな磁場を作りたいと思っています。

 

会期:201912月13日(金)〜2020年1月20日(月) 

ツツミエミコ・八木由紀子・法嶋二郎・いちだめぐり・木漆工とけし

入場無料 

 

■版画家ツツミエミコさんの麻の葉ワークショップ『終わらない模様』  

麻の葉は、古来、大切なものを守るという意味を持つ模様です。夢中で模様を描いていると、そこに一つのアニミズム世界が見えてくる・・・不思議な達成感のあるワークショップです。麻の葉についてのお話もじっくり聞きましょう。当日は凸凹版とプレス機を使って作るご自分のカード作品をお持ち帰りいただきます。 

 日時:1222日(日)14:00~16:30

参加費3800円 お茶付き 

定員 15最少催行人数9人。申し込み締め切り:1218日(水) 

お申し込み・お問い合わせ メール:booking@tsomoriribunko.com 

電話03-6338-1469(金~月11:00~19:00) 

 

■蒔絵師・八木由紀子さんの漆のスプーンづくりのワークショップ 

手で削った小さなスプーンに漆を塗って、和紙で模様をつけます。漆の水分量は人間の体内の水分量と同じだから、手や唇に触れて心地よいのだそうです。スープやヨーグルトをいただくのにぴったりのマイスプーンをお持ち帰りいただけます。また、去年作っていただいたスプーンの修理も可能です(3000円)。 

  日時:2020年118日(日)16:00~18:00/ 19日(月)11:00~13:00/16:00~18:00

参加費4000円 お茶付き 

定員 6 

お申し込み・お問い合わせ メール:booking@tsomoriribunko.com 

電話03-6338-1469(金~月11:00~19:00) 

2019-11-24 | Posted in イベント情報