◆Tsomoririシネマ vol.4◆7月30日(火)『ELEMENTAL 生命の源 ~自然とともに~』上映

◆ツォモリリ文庫で映画の夜。
トランジションタウンとしてその名が知られる町、イギリス・トットネス。今では世界に広がっているその潮流の源には、市民が自主的に主催した上映会があるといいます。地球温暖化、軍備拡張、成長経済を主眼に置いた政治・・・今地球で起きている様々な出来事を「変える」ことは個人では難しい。けれど、少なくとも、まずはこの世界で今何が起きているのかを知ることはできる、とツォモリリ文庫のスタッフは思っています。

そんな想いから、不定期で「ツォモリリシネマ」を開催します。
ワンドリンクを片手に、世界へアンテナを伸ばす夜に。

☆ベンチ席・桟敷席があります
☆クッション持ち込み歓迎
☆桟敷席で使用する座椅子・アウトドアチェアマットもお持ち込みOK

★「ELEMENTAL 生命の源 ~自然とともに~」
映画概要(cinemo by united peopleより引用)
「水のガンジー」「ウォーターマン」と讃えられる著名な活動家のラジェンドラ・シンは汚染され、死にかけている聖なる川、ガンジス川を蘇らせるため40 日間に及ぶ平和の巡礼の旅に出る。シンは工場を閉鎖することや、ダム建設を止めるための行動を起こし、インド人にとって聖なる川であるガンジス川に人々が敬意を持つようにと願い、行動する。

地球の反対側のカナダ北部では、エリエル・デレンジャーが世界最大の産業開発事業であるタールサンド(オイルサンド)の開発に待ったをかけるため、巨大企業との闘いに挑んでいた。先住民族デネ族出身で若い母のデレンジャーは、暮らしやコミュニティー、はたまた全大陸を破壊する3,200Km にも及ぶキーストーン・XL・パイプライン計画に反対するために家族総出でもがきながらも継続的に挑戦を続けていた。

そしてオーストラリアでは発明家であり起業家のジェイ・ハーマンが、人類が直面する環境問題の解決となる鍵が、自然自身に備わっているということに確信を持ち、数億円単位の出資を求め投資家を探し始めていた。ハーマンは自然界の深遠なる設計に触発され、彼の発明した革新的な機械が地球温暖化を遅らせることが出来ると信じて疑わない。

世界中で環境破壊が進む今、3 つの異なる大陸で、しかし確固とした決意で自然保護のために奮闘する。
これらの3 人のストーリーは、新時代の環境ヒーローの物語である。

監督:タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ
配給:ユナイテッドピープル
2012年/アメリカ/93分

日時:2019年7月30日(火)19:15〜
参加費:1000円(ツォモリリカフェのメニューから選べるワンドリンク付き)
定員:30名
主催:ウォールアートプロジェクト(http://wallartproject.net)
申込:booking@tsomoriribunko.com (蓑輪)まで、 当日参加OK

参加希望者(複数の場合は代表者で結構です)の氏名、電話番号、メールアドレス、住所をお知らせください。

2019-07-13 | Posted in 上映会, イベント情報