「森のもの、海のもの」展

海から生まれ、森に育まれてきた。
太古の記憶を忘れない。
森からの贈りものと海からの贈りものを
日常生活に散りばめ、大切な人を守り、守られ、
新しい年を迎える節目に。

2021年の終わりから2022年に向けてのツォモリリ文庫には、森からの贈りものと海からの贈りものがひっそりと息づきます。
小さな木の実や海の貝のやわらかな輝きを身につけ、部屋に飾り。そして、木の道具や器で温かな感触を楽しみましょう。
作家さんによるワークショップも企画しています。詳細は、下記の作家名にあるリンク先をご覧ください。

◆会期
2021年12月3日(金)〜12月26日(日)
2022年1月7日(金)〜1月17日(月)


◆時間
月・金 12:00~20:00
土・日 12:00~18:00
火・水・木 定休日 (12月27日〜1月6日お正月休み)


◆出展者
八木由紀子|拭き漆と蒔絵の器
1月8日(土)、9日(日)漆のスプーン・豆皿づくりワークショップ
http://tsomoriribunko.com/urushi_spoon_beansplate_2022/

横山美恵子|森のリース12月26日まで。
12月13日(月)森のリースづくりのワークショップ
http://tsomoriribunko.com/miekoyokoyama_2021/

et craft|飲むための漆の器
12月17日(金)自分サイズの漆の箸をつくりワークショップ
http://tsomoriribunko.com/etcraft_urushi_chopsticks_workshop/

co- |ベツレヘムパールと貝のボタン

amiinah|パールなどのジュエリー

Ambitious Labo |木のキッチン道具

インド・先住民|絵画

2021-11-21 | Posted in イベント情報